診療案内

どんなお悩みがありますか?
  • 歯が痛い
  • 親知らずの抜歯
  • 歯が無くて心配
  • 歯茎から出血がある
  • 歯並びが気になる
  • 歯を白くしたい
  • 入れ歯が痛い
  • インプラントに興味がある
  • 歯が欠けた
  • 銀歯が気になる
イメージ画像

1本抜けたくらい大丈夫だろう・・・
と思われるかもしれませんが
歯はその1本1本に役割がありとても大切です
1本抜けただけで口の中だけではなく
体にも影響を及ぼしてしまいます

イメージ画像

歯が無いと起こりうること

  1. 噛み合っていた歯が抜けた歯を探して骨の中に埋まっていた部分が出て来てしまう
  2. 歯が無くなった部分の歯肉に食べかすが溜まりやすくなり、周りの歯がむし歯や歯周病を引き起こしやすくなる
  3. 歯がないスペースへ向かって隣の歯が傾く
  4. 歯並びに影響が出る
  5. 顔の輪郭が変わる
  6. しっかり噛めなくなることで、消化器官に負担がかかる
  7. 顔や首にシワやたるみが増える

歯を補う選択肢が3つあります

入れ歯は、歯が全て抜けてしまった方が着用する総入歯の他にも、残った歯にバネをかけて着用する部分入れ歯の2種類があります。失った歯1本から義歯を作製する事が出来ます。両脇の歯を削る事が無いのが利点ですが、違和感があり出し入れやお手入れが必要となります。

平均使用年数3〜4年
義歯(入れ歯)

入れ歯は、歯が全て抜けてしまった方が着用する総入歯の他にも、残った歯にバネをかけて着用する部分入れ歯の2種類があります。失った歯1本から義歯を作製する事が出来ます。両脇の歯を削る事が無いのが利点ですが、違和感があり出し入れやお手入れが必要となります。

平均使用年数8年
ブリッジ

入れ歯は、歯が全て抜けてしまった方が着用する総入歯の他にも、残った歯にバネをかけて着用する部分入れ歯の2種類があります。失った歯1本から義歯を作製する事が出来ます。両脇の歯を削る事が無いのが利点ですが、違和感があり出し入れやお手入れが必要となります。

平均使用年数10〜20年
インプラント

※使用年数は、歯茎の状態等により変わります。定期検診(歯周治療)や日頃のブラッシングが重要です。