診療案内

どんなお悩みがありますか?
  • 歯が痛い
  • 親知らずの抜歯
  • 歯が無くて心配
  • 歯茎から出血がある
  • 歯並びが気になる
  • 歯を白くしたい
  • 入れ歯が痛い
  • インプラントに興味がある
  • 歯が欠けた
  • 銀歯が気になる

歯のメリット・デメリット

銀歯イラスト

銀歯を入れる最大のメリットは保険内診療がおこなえる事です。また、次いで金属の為、耐久性、強度があるということが挙げられます。
しかし、銀歯を入れる事に関しては良い面ばかりではありません。
銀歯を入れ、歯肉に長時間触れた状態が続くと、金属イオンが歯肉の中に少しずつ溶け出し歯肉が黒ずむ状態になります。
さらに徐々に金属成分が溶け出し、唾液と共に体内へ取り込まれ金属アレルギーを発症してしまうこともあります。唾液から体内に吸収されておこる金属アレルギーは、お口の中に限らず全身に症状がでます。
銀歯を入れている方で、度々蕁麻疹がでたり、肌荒れが治らないなどの症状がありましたら一度医療機関にご相談されてみても良いかもしれません。

金属アレルギーイラスト

また、金属と歯には正確な型取りをして銀歯を作製しても微細な隙間ができてしまい、この隙間から二次的な虫歯になりやすくもあります。

銀歯は保険診療内でおこなえる一方で、自費診療のセラミックやゴールドに比べてデメリットが大きいのも事実です。
ご自身にとって大事にしたいことは何かで治療の選択は異なってくると思います。もし詰め物や被せ物についてお悩みでしたらぜひお気軽にご相談下さい。

○保険

  • 銀歯インレー・クラウン(12%パラジウム合金)
  • 硬質レジン前装冠(前歯のみ適用)
  • 強化プラスチッククラウン(小臼歯のみ適用キャドキャム冠)

○保険外

  • セラミックインレー・クラウン(ジルコニアまたはe‐max)
  • ゴールドインレー・クラウン
  • プレミアムセラミッククラウン
     (前歯のみ適用・オールセラミック ジルコニア系)